このたび会社の業務を拡大することになり、人員の増員が必要となったため、約100人という大量の社員を雇用しました。書類審査で過去の経歴や学歴から優秀そうな人員をリストアップし、何度かの面接を行うことによって、できる限りいい人員を確保できたと、期待しておりました。



しかし、いざ研修を終えて現場へ出してみると、仕事ができない人たちばかりでした。教えられていないことができないのは仕方ありませんが、何度も同じことを失敗したり、どうすれば効率よく仕事できるかなども考えられず、並列で物事を処理することもできません。これではせっかくの大量雇用も、効率が悪くなってしまっただけでなく、新規事業の作業が阻まれてしまいなんのプラスになりません。新しいことをしようと会社全体の雰囲気が盛り上がっていたところに、水を差されてしまったような感じです。

無料 履歴書ダウンロード 職務経歴書ダウンロード | ワード エクセル 履歴書 テンプレート

素晴らしい経歴も、面接での好印象も、結局現場で仕事ができるかできないかには関わらないのだと、痛感しています。短い期間で大量の雇用をしなければならなかったので焦っていた部分はありますが、例えそうだとしても個人個人をしっかり見つめていかなければならないなと、勉強になりました。

年次有給休暇を買い上げてもらうことは可能か? |転職ならDODA(デューダ)

とにかく、新規事業を成功させるためにも、雇った社員を早く育て上げなければなりません。うまくいくかはそこに懸かっているといっても過言ではないので、私たちも気を引き締めなければと思います。